101010

プログラミング備忘録とともに、ポエムってます。

ラズパイのプロジェクトをGitで管理する | Raspberry Pi

f:id:araemonz:20190316164739j:plain

ラズパイで開発したプロジェクトソースをGitHubへプッシュ出来るようにしようと思ってラズパイにGitを入れてみた。GitHubへプッシュするところまで行った。

まずはラズパイにGitをインストールする。

sudo apt-get install -y git

GitHubのウェブで新規レポジトリMyPiZeroを作成した。

つぎのようなコマンドを1つづつ実行していった。

git config --global user.email "you@example.com"
git config --global user.name "Your Name"
echo "# MyPiZero" >> README.md
git init
git add *
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/araemon/MyPiZero.git
git push -u origin master

しかしこれだと毎回パスワードを聞かれてしまう。パスワードを聞かれないようにするにはhttpsではなくsshの方で通信すればよいということらしい。

現在登録されているURLを確認する。

$ git remote -v
origin  https://github.com/araemon/MyPiZero.git (fetch)
origin  https://github.com/araemon/MyPiZero.git (push)

次のようにしてURLを変更した。

git remote set-url origin git@github.com:araemon/MyPiZero.git

もう一度確認してちゃんと変更されているか確かめてみる。

git remote -v
origin  git@github.com:araemon/MyPiZero.git (fetch)
origin  git@github.com:araemon/MyPiZero.git (push)

再度プッシュをする。

git push -u origin master

しかし次のように失敗してしまった。

$ git push -u origin master
The authenticity of host 'github.com (192.30.255.113)' can't be established.
RSA key fingerprint is SHA256:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'github.com,192.30.255.113' (RSA) to the list of known hosts.
Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

証明書を作ってラズパイの中で持っていなければならないようだ。 なんだか面倒なエラーが出てしまったのを言い訳に、やっぱりパスワード認証のhttpsへ戻すことにした。RaspberryPiが盗まれることはないとは思うが、セキュリティ的にもよろしくないだろうと思って。