101010

プログラミング備忘録とともに、ポエムってます。

Gradleではじめて「Hello, world!」 するまで | Android

f:id:araemonz:20190226110434p:plain

Gradleについてゼロから学んでみようと思い、インストールからHello worldまでやってみたのでメモしておく。

Gradleとは

GradleとはGroovyで記述するビルドシステムだ。Groovy自体はJVMで動く言語である。だからJavaを記述することもできる。最近ではKotlinでも記述できるようになっている。 ビルドシステムにはGradleの他にもAntやMake、Mavenといったものが存在する。AndroidではGradleを採用しているので、Gradleを理解しておいて損はないだろう。

Gradleのインストール

Macの場合はbrewでGradleを簡単にインストールできる。

まずはJavaがインストールされていることを確認する。

$ java -version
java version "11" 2018-09-25
Java(TM) SE Runtime Environment 18.9 (build 11+28)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM 18.9 (build 11+28, mixed mode)

次にbrewdえGradleをインストールする。

$ brew gradle  

正常にインストールされていれば次のように確認できる。

$ gradle -version

------------------------------------------------------------
Gradle 5.2.1
------------------------------------------------------------

Build time:   2019-02-08 19:00:10 UTC
Revision:     f02764e074c32ee8851a4e1877dd1fea8ffb7183

Kotlin DSL:   1.1.3
Kotlin:       1.3.20
Groovy:       2.5.4
Ant:          Apache Ant(TM) version 1.9.13 compiled on July 10 2018
JVM:          11 (Oracle Corporation 11+28)
OS:           Mac OS X 10.14 x86_64

brewでエラー

ところでGradleのインストール中にこのような警告がでた。

Error: Could not link:
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew

Please delete these paths and run `brew update`.
Error: Could not link:
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew

Please delete these paths and run `brew update`.
Error: Could not link:
/usr/local/share/man/man1/brew.1

Please delete these paths and run `brew update`.
Error: Could not link:
/usr/local/share/doc/homebrew

ググったところゴミを削除することで解決するようだ。

$ brew uninstall --force brew-cask; brew update

Hello, world!

最後にお決まりの Hello, world! で動作確認をする。

適当な空のフォルダにてbuild.gradleファイルを新規作成した。

プログラム内容は次のように書き込んだ。

task hello {
    doLast {
        println 'Hello world!'
    }
}

ターミナル上で次のコマンドを実行すればHello world!が出力される。

$ gradle -q hello

Gradleではタスクという単位で仕事をさせていく。gradleコマンドに-qオプションをつけることにでhelloタスクを走らせているのである。

参考