Decade Boxを作るまで、その1

電子工作をやっていてつらいと思うことは、パラメーターをサクッと変えられないことだ。プログラミングならば数字をその場でちょこっとなんてのは、タイピングで数秒もかからない作業だ。(どこにそのパラメーターが設定されているかを探すのが大変だったりもするが)

前回までの流れで基本的なAMラジオは作ることができたが、さらに研究してみたいと思った時に手持ちの札があまりにも足りてないことに気付かされた。一番面倒なコイルのパラメーター以外にも、可変コンデンサや抵抗、ダイオードなどの様々なパラメーターが絡んでくる。ワニクリップ 式デバッグ、ブレッドボード式デバッグも大して効率よくないのではないのかと思い知らされる。つまり電子工作をやっていると、面倒な配線の切り替え作業に翻弄されてしまうのだ。

例えば100kΩを500kΩにしてみたいというケース。

当然1MΩを並列にすれば500kΩになるので楽勝ではあるが、まずは1MΩの抵抗を探さなければならないという手間、管理的な問題がネックになる。さらに1MΩを並列にする作業の手間もかかる。ブレッドーボードでやっていれば比較的簡単だろうか?いやいや、穴の位置を間違えないように相当な神経を使うはずだ。ワニクリップ 式デバッグで大体済ませている私なんかは、抵抗をねじねじして「接触不良しないでね」って祈りをこめながらワニクリップ に挟むことになるだろう。懸命な方は、一度半田付けして確実に500Ω確定抵抗とするかもしれない。しかしこれらも一度や二度のことなら耐えられるが、毎度のこととなるとやってらんない。「面倒くセー」ってなって投げ出してしまうだろう。

料理だと仕込みができていない状態。

こんな問題を解決したくて、たどり着いた案がディケイドボックス(Decade Box)。「Decade box resistor」でググれば楽しい画像がいろいろ出てくる。要は可変抵抗。きっとプロたちはこういうの使ってるんだろうなぁ。しかし、うん万円すのは馬鹿馬鹿しい。ボリューム抵抗連結すれば1000円程度で作れてしまう。ただ、ボリューム抵抗だと正確な数値の読み取りにテスタを使うはめになりこれまた一手間かかってしまう。本末転倒な気がするので、既製品を参考にロータリースイッチ式のDecade Boxを作ってみようかと考案しているところだ。

抵抗は直列に繋げば10単位の桁上げができる。コンデンサなら並列につなげればよい。

ちなみに耳慣れないDecadeという言葉は「10年間」という意味らしい。インタフェースからの命名、なるほど納得。decimalとかdBとかの仲間である。12月のDecemberも元々は10月の意味だったんだよね(ギリシア人から聞いた話)。