101010

プログラミング備忘録とともに、ポエムってます。

🐷スペアリブの角煮26人分を作る - 山梨キャンプ

26人という大人数のキャンプなので、スタッフ二人ですべてをまかなうのは大変だ。そこでなにか一品、料理を持ち寄って欲しいとのことだった。以前にふるまったスペアリブの角煮を、友人からリクエストされたのでそれに答えることにした。

材料

スペアリブ 26本

調味料

  • シナモン
  • クローブ
  • ローリエ
  • 長ネギの青い部分
  • はちみつ
  • みりん
  • 醤油

近くのスーパーを何軒かまわったが、スペアリブがなかなか売っていない。焦りがつのる中、ようやく西友でみつけて7パック買い占めた。 26人分ともなると正直、高い出費だ。。。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134219.jpg

肉を常温に戻したら、フライパンで表面を焼く。 (スペアリブをあらかじめ調味料に漬け込んだものと、漬け込まなかったものを比較してみたところ、漬け込まない方が味がくどくなく好みだった。)

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134234.jpg

八角の代わりにシナモンとクローブを投入。調味料を全ていれて、肉が全部つかって鍋いっぱいになるまで水をいれる。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134248.jpg

ふたがないのでアルミ箔で代用。ひたすら煮込む。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134306.jpg

1時間くらいたったところで、肉だけお互いの鍋に入れ替える。味にムラが出ないようにと思って。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134319.jpg

水が足りなくなったら途中で足しながら、さらに1時間煮込む。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134333.jpg

本来はこのまま煮切りたいのだが、量が多いので肉をとりだし、煮汁だけ火にかけて水分を飛ばすことにした。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134353.jpg

煮汁がとろとろになったところで、肉を一本一本タレにからめていく。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134407.jpg

キャンプの前日の深夜にようやく出来上がった。疲れ切っていたので、せっかくの完成写真を撮るのを忘れる。orz

26人分の料理なんて作ったことがなかったので、ここまで来るのに大変だった。 キャンプ当日、バックパックに無理やり角煮を詰めて持っていく。バックパックが異常に重たい。

電車、バスと徒歩で移動に4時間、無事キャンプ場に到着。日もくれ、いろんな料理が出されていく中、さりげなく、スペアリブ角煮を出してみる。どきどきだった。おおぉー、と歓声が聞こえ、ようやく緊張の紐が解けた気がした。

image:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araemonz/20181030/20181030134432.jpg

自分もあとで食べようと思っていたのだが、その頃にはすでに完食されていた。泣 まぁ、喜んで食べていただけたようだったので良しとしようか。