Provisioning Profileにハマった件、Xcode

Signingをマニュアルにして、開発用とリリース用のProvisioning Profileをそれぞれ設定する。 証明書が開発用とリリース用では違うことがトラブルの原因かもしれない。

今まで意識せずにアップデートできていたので無頓着だった。 rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData/ でDerivedDataを消したからかもしれない。またはキーチェーンアクセスをごにょごにょいじった記憶もある。

とにもかくにも、慌てずに次のような手順を踏みたい。

iTunesConnectへ接続して対象のアプリ -> アクティビティ へ進み以前のバージョンのリリース情報をチェックする。ストア情報に [ application-identifier ] や [keychain-access-groups] などが記載されているので、これにリリース用のProvisioning Profileを合わせれば良い。

Provisioning Profileは下記からダウンロードする。

Certificates, Identifiers & Profiles https://developer.apple.com/account/ios/profile/production

リリース用ならDistributionの中から選ぶ。期限がよく切れるが、Editしなおせば更新される。

また、実機で動かせない場合も同様な感じだ。まずは、App Storeからインストールした同アプリは開発用では上書きができないため削除する。Provisioning ProfileはDeveloperから選んだものをインストールすればおk。