非反転増幅回路を作るまで、その1

f:id:araemonz:20190529184328j:image

f:id:araemonz:20190529184640j:image

 

基盤もまだなので配線もまだだが、作ってみて達成感や充実感がある。なんだろう、やっぱアルミシャーシって良いね。

 

今回使ったアルミケースはラジオデパート2階のエスエス無線で335円で購入したものだ。タカチのケースなんかより断然安い。裏面のフタはないが、自宅での実験用には問題ないだろう。扱うのは音などの低周波だから。最初はタッパでも良いかなと思ったけれど一応シールドあると安心。意味があるのかわからないけれど一点アースをすることになった。また今回、アースの配線にクリップを使った。ワイヤーの代用。たまたまクリップに半田付けしてみたらあっさり付いた。ステンレスだと思ってたけどニッケルメッキと書いてある。クリップの抵抗値もこの長さならゼロと言って良い。ステレオミニのコネクタをクリップでつなげばクリップの剛性のお陰で緩みの補助にもなるだろう。