101010

とあるアプリ開発者のブログです。KotlinやSwiftが好き。たまにポえむってます。

つまり、fetchとrequestはどう違うのか?

サーバーからデータを取得したい場合、世の中のプログラムサンプルをみるとfetchというメソッド名が多く使われている。 自分の中でfetchとrequestはどう違うのか曖昧だったのだが、この機会に調べていくうちにイメージが掴めてきたのでメモしておく。 意味 f…

本棚をDIYしてみた

少し前にDIYで作った本棚を紹介したい。引っ越したり捨てることも考えたりすると、やはり自作した方が気がらくである。 この本棚の良いところは、座った状態で本を見つけたり取り出しやすいところだろう。なぜなら、ほどよく傾斜しているからだ。また、値段…

プログラミングの勉強に集中するためのちょっとした工夫

この記事ではプログラミングの勉強に集中するために私がやっている、ちょっとした工夫を紹介したい。 書籍はアナログで しおりをやめて、スピンをつける カバーを固定する ブックスタンドを使う まとめ 書籍はアナログで 私の場合は、電子書籍では基本的に購…

福島旅行記(2019年)、その2

福島旅行記(2019年)、その1 - 101010 前回からの続き。 翌日、二日酔いに見舞われた私は、朝食を済ませた後、チェックアウトの10時ギリギリまで寝させてもらうことにした。以前は私のほうが酒に強かったはずだが、今では友人のほうが強くなっている。これか…

福島旅行記(2019年)、その1

静岡の地元の友人に誘われ福島へ旅行することになった。 友人は大内宿のお祭りに興味があるらしかった。 私は被災地の方に、興味があったので祭りの翌日はいわきへ行く旅行となった。 旅行初日は、なんと、40年ぶりの大寒波などとニュースで騒がれていた。ど…

委譲を使ったAdapter パターン

前回の続きで、もう少しAdapterパターンで遊んでみたいと思う。 継承を使ったAdapterパターンで作った「ドラえもんプログラム」をもとに、今度は委譲によるAdapterパターンに改造してみよう。 委譲を使ったAdapterパターン Doraemonがバージョンアップされた…

Adapter パターンを理解する

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門 を読み始めた。ここ数ヶ月で学びたかったことが何だったのか、ようやく見えてきた気がする。つまり私はデザインパターンを学びたかったのだ。 色々なプログラミングの本をあさってはみてきたものの、そのプロ…

startActivityForResultを使って遷移先画面から結果を受け取ろう

前回に引き続き、この本で学んだことをメモしておく。今回はstartActivityForResultについて。 Activity間の画面遷移におけるデータの受け渡しは、シングルトンやPreferenceなどでパターンでやっていたが、簡単なものならstartActivityForResultを使えば便利…

ListViewを簡単なモデルで理解しよう

リストビューは分かりづらい。誤魔化し誤魔化しで実装してきた人も多いのではないだろうか。私もその一人だが、この本を読んでリストビューの使い方を理解することができた。 他にも、色々と抜け落ちていたことが発見できるので、基本をすっとばして、駆け足…

Git をゼロから勉強してみる

GitHubを全然使いこなせてなかったので、ゼロから勉強してみることにした。 まずは全体像を掴むためにも、簡単な教科書がほしい。 そこでAmazonで評判の良い、こちらの本を購入することにした。 マンガ形式なのでやさしく理解することができた。 さて、せっ…

DataBindingを使ってみる

ViewとViewModelをバインディング DataBindingを試すにあたって、MVVMデザインパータンについても調べてみたのでまとめてみる。 MVVM デザインパターン View とは ViewModel とは Model とは バインディング DataBindingを実装する 手順1 手順2 手順3 手順4 …

OkHttpClientを使ってみる

VerboseHttpClient vs OkHttpClient 今回は、OkHttpを使ってHTTPリクエストの動作確認を行ってみた。また既存のHttpURLConnectionバージョンとも比較してみた。 やること 完成イメージ(MainActivityからの呼び出し) HTTPクライアントのインタフェースを作る …

Retrofitを、最小限のコードで理解しよう

Retrofitを使った流れ Retrofitを使った説明はたくさんあるが、デザインパターンを埋め込んで説明しているものが多く、肝心のRetrofitの役割がどこからどこまでなのかイメージし辛く分かりづらかった。 そこで、MainActivity.ktファイルだけに必要なRetrofit…

データクラスとタプル

データクラスとタプル データクラス classを構造体のデータ管理するために使いたい場合に、次のようにプロパティだけもたせたクラスを作ることがあるだろう。 class Kami(val level:Int, val kanji: String, val kana:String) このようなクラスは、修飾子dat…

Null安全、ぬるぽバイバイ

Null安全です スマートキャスト エルビス演算子 安全呼び出し Booleanだってnullableになりたい! 参考 Kotlin の基礎を学んだので、今回はNull安全についてまとめてみる。 Javaでは、ぬるぽ (NullPointerException) が許されているが、Kotlinではぬるぽにな…

抽象クラスとインターフェース

抽象クラスからインタフェースを実装してインスタンス生成するまでのイメージ Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング を読んだことで、Kotlinへの理解がだいぶ深まった。 おかげでKotlinリファレンスをスラスラ読めるようになってきたので嬉し…

PEP8を読んだまとめ

PEP8(日本語)を読んで、印象に残ったところをまとめておきます。 https://pep8-ja.readthedocs.io/ja/latest/ 原文はこちらのようです。 https://hg.python.org/peps/file/tip/pep-0008.txt PEPとはPython Enhancement Proposalsの略のようです。 また「pep…

Python3でMeCabを使えるようにする

PythonでMeCabを使えるようにするためには、バインディングという作業が必要のようです。 mecab-python3をインストールするだけで、バインディング作業が完了するようなので、早速インストールしてみました。 pip install mecab-python3 しかし、下記のよう…

RingBuffer(待ち行列)のQueueを作って100万回処理してみる

Swiftの場合、Queueを作るとしたら次のようなプログラミングが考えられます。 Queue.swift var max:Int! var data:[Any] = [] init(_ max:Int) { self.max = max } func enqueue(_ obj:Any) -> Bool { if data.count > self.max - 1 { return false } data.a…

テキストベース10万レコードを処理する実験

はじめに テスト環境 試験1(文字列連結テスト) 結果 試験2(ファイルの書き込みテスト) 結果 はじめに 現在製作中のOSS「ChiMAKi」の性能限界およびリファクタリングのためにテストしてみました。データはハッシュ型です。データの保存には、シンプルにテキス…

Pythonのトレンド動向とクラスの書き方

はじめに AIや機械学習、ディープラーニングなどのブームでPythonが人気上昇していることは知っていました。ここ数年で、本屋でもずらりとPythonの書籍が増えよく目に入っていました。しかし、自分には必要ないかなと思っていて遠ざけていましたが、遊びがて…

PHPでディレクトリにあるファイルを再帰的に探す処理

再帰的というのは、「鏡の中の鏡」、「GNU is Not Unix」のように自分自身を呼び出すことで、永遠と同じ処理を回すことができます。 下のプログラムの場合、recursiveOpenDirというfunctionの中で自分自身、つまりrecursiveOpenDirを呼び出しています。こう…

MeCabで形態素解析

MacにMeCabをセットアップ 形態素解析のMeCabを使ってみることにしました。 http://taku910.github.io/mecab/ 自分の環境がMacですので、MeCab本体をbrewからインストールしてみます。 brew install mecab このままではparam.cpp(69) [ifs] no such file or …

このページは移動しました

www.101010.fun

このページは移動しました

www.101010.fun

このページは移動しました

www.101010.fun

このページは移動しました

www.101010.fun

iPhoneからC言語を使ってTCP通信してみよう

TCP通信の流れ 3ウェイハンドシェイク シーケンスACK番号のルール 前回、UDP通信を実装してみたところ、意外にも簡単にプログラミングできることに驚き感動しました。この勢いでTCP通信も試してみたいと思いましたが、いざ調べてみるとUDPよりもだいぶ複雑そ…

iPhoneでC言語を使ってUDP通信してみよう

iOS -> Mac with UDP PHPからプログラミングを入門した軟弱者の私としては、HTTP以下の低位レイヤーが苦手です。今までなんとなく誤魔化してきましたが、Arduinoに触れたことで学習意欲が湧きました。そこでiOSからMacへUDP送信を行なってみることにしました…

Arduinoで温度ロガーを作るまで

Bluetoothモジュールを秋葉原まで買いに行く (2018/11/19) BluetoothモジュールからのメッセージをiPhoneで受信する (2018/11/20) iOSとArudinoのBluetooth通信 (2018/11/21) ESP-WROOM-02でWiFi通信するまで、その1 (2018-11-23) 動作確認 Arduinoスケッチ…